プリセプター制度

播磨大塩病院では、先輩看護師(プリセプター)が新人看護師(プリセプティ)にマンツーマンで一定期間、教育・指導を行う「プリセプター制度」を導入しております。
実際に働いている看護師にインタービューを行いましたので、「プリセプター制度」について現場の声をお伝えします。

3階西病棟

「プリセプター制度」とはどのような制度ですか?
國永
数年のキャリアを持つ看護師が新人だった頃を思い出して、「自分の時はこうだったよ」とか「こういうことに困ったから気を付けたほうがいいよ」というように、新人のメンタル的なケアをしながら導いていく制度だと思っています。
竹下
技術面など、どの先輩にも質問しやすい環境ではありますが、困っているときなどに國永さんが気にかけてくれているのを感じます。プライベートでも飲みに行ったら、「最近、何か困ってることはないかな?」と聞いてくれたり、そういう精神面でのフォローを感じます。

國永
「早く病院に慣れて、楽しく仕事ができるように」という気持ちだけは崩さずにいました。実は、竹下さんが看護学校にいた時、私がその精神科の講義をさせていただいていました。その時から、精神科にとても興味があると聞いていたので、彼の「精神科の看護が好きだ」という気持ちを壊したくないという思いがありました。
竹下
入職が決まってからプリセプター制度があると知ったのですが、先生だった國永さんがプリセプターになってくれると聞いて心強かったです。
実際に働いてみていかがですか?
竹下
実際に精神科の職員として働いてみて、仕事に楽しさを感じています。播磨大塩病院には実習に来ていたこともあり、その当時の患者さんもいて、「卒業してやっと看護師になったんやね」とか、そういう会話をできるのも精神科ならではだと思います。
入職前に不安なことはありましたか?
竹下
不安はありましたが、やはり精神科で働きたいという気持ちの方が強かったです。「どんなところだろう」「人間関係はどうだろう」というのはありましたけど。

それほど精神科に興味があったんですね。
竹下
精神科って、全く知らない世界だからこそ初めて見る光景だし、全部が新鮮で面白く感じます。どうやって声をかけたら良いか未だに分からない方もいますし、同じ患者さんにいつもと同じ声かけをしても反応が違ったり、他の看護師が声をかけたら良い反応の時もあります。そういう時に「何が違うんだろう?」と深く考えるのが、自分の成長に繋がっていると感じます。ルーティンワークではないのが逆に面白いですね。

今後の課題はありますか?
國永
これから団塊の世代の方が現役を退いていく中で、中堅や若手がどれだけ頑張っていくかが重要ですね。もっとフレッシュな方に来ていただくためにも、どれだけ看護の良さを広めていけるかが課題なのかなと思います。病院の魅力を広めていくことも大事ですね。
竹下
いい意味でコンパクトな病院だと思うんです。アットホームで、職員同士で気軽に声をかけられるのが特徴的だと思います。
医療の現場は人間関係で気を遣うことが多いと思いますか?
國永
職員同士の関係性で気を使うことが多い職場も中にはあると思うんですけど、播磨大塩病院にはその辺の負担を病棟全体で軽くして、患者さんの方に目を向けられるような雰囲気があると思います。

では最後に、お互いに一言お願いします。
竹下
気にかけていただいて、本当に心強く感じています。1年と言わず、ずっとこの関係が続くのではないかと思ってます。
國永
この仕事に向いているし、将来、新しい人を育てていける人であると思います。このスタンスでずっと居続けてください。

5階東病棟

プリセプターとして教えていく上で気をつけていたことは何ですか?
中川
新しい環境に飛び込んでくるわけですから、病棟に入る第一歩が気後れしないようにしてもらいたいと一番に思いました。職員にも患者さんにも「新しい人が入ってくるからね」って感じで前もって言っておいて、すっと入れる環境を作っていました。というのも、私自身が入職した時に、患者さんから「あっち行って」と言われた苦い経験があるからなんです。

ご自身の経験が活かされているのですね。
中川
そうなんです。すごくショックだったので。患者さんのところに初めて行って、「あっち行って」と言われたら傷つきますよね。だから、初日は残念ながら一緒に入れなかったんですけど、次の日からは「昨日から新しい人が来てるでしょ?」と声をかけて回りました。
プリセプター制度というのはご存知だったんですか?
西山
いえ、ここに来てはじめて知りました。病院勤務自体に長いブランクがあり、精神科勤務も初めてだったので、なんでも聞いたらいいからね」と言ってもらえて心強かったです。今までの勤務経験が内科ばかりだったので、精神科の患者さんにどういう看護をしたらいいかもわからなくて不安でした。プリセプターを決めていただいていたので、日勤と夜勤のすれ違いの時などに聞きにくいことも聞いていました。

中川
勤務が合わない時にも、他の看護師に様子を聞いて、電子カルテのような初めて経験するものは、あらかじめよく知っている人に教えてくれるように頼んでいました。最初は何を訊ねたらいいか分からないし、誰に聞けばいいかもわからないものです。1回聞いたことがあるけど不安なことを、もう一度聞いてもいいのかと思う人もいるでしょう。だから、西山さんには「何回聞いてもいいからね」と言っていました。5東病棟全体もそういう雰囲気ですよ。大きな失敗をしてしまう前に何回でも聞くという関係を作ることは絶対必要だと思います。

西山
やはり精神科の看護は難しいところがたくさんあります。でも、細かいところも教えてもらえるし、患者さんを中心に考えられるような看護について、いつも話をしてらっています。
周りのバックアップがあると、働きやすいですね。
西山
はい。勤務についても希望を聞いてもらえるので、働きやすいなと思います。また、看護計画が難しいなといつも思っているので、チェックを入れてもらっています。
看護計画を立てるにはやはり経験もいるし、勉強もしていかなくてはならないんでしょうね。
中川
患者さんの全体が見えてくるといいですね。できないところばかり見るのではなくて、できるところも見ながら、患者さんとしっかりコミュニケーションを取ることです。他の職員からの情報も大切ですね。
西山
患者さんをどれだけ見ているかは違いますね。自分だと気付けてなかったことが結構あります。
中川
やり方は人それぞれだし、患者さんによっても違うし、いろんな人の看護を見て勉強してほしいです。一般科から来られた方の看護って、ずっと精神科で働いていた看護師のものとは少し違うと感じますが、それを他の看護師が見られることはいいと思います。忘れていたことを思い出させてくれ、いい気付きがあります。
プリセプター制度の今後の課題はありますか?
中川
最初の一週間で1日しか仕事が合わなかったので、せめて3日は合わせたかったなと思います。そこは工夫の余地があると思います。声かけはしましたけど人任せになってしまったので……。最初の方で、もうちょっと関わりたかったなと思います。
播磨大塩病院に就職を考えている方に一言お願いします。
西山
経験がなくても、プリセプター制度のような制度があって、なんでも聞きやすい関係を作ってくれています。とても緊張して入ってきたんですけど、そういう点では働きやすかったです。

では最後に、お互いに一言お願いします。
中川
これから夜勤も始まると思うけど、夜勤も乗り切ってほしいなと思います。楽しいなって思うくらいになってほしいです。
西山
これからもよろしくお願いします。
中川
私も「よろしく」なんですけどね。心電図のとり方とかが不安な時は、内科の経験が長い西山さんを頼りにしているんです。持ちつ持たれつな関係でいいと思います。




看護部プリセプターシップ新人区分け

プリセプターの任期期間
採用時の臨床経験歴および精神科勤務歴等を考慮して新人の区分けにそって任期を決定する
※但し、新人の臨床実践能力の経過状況により、早期終了および期間延長の変更もあり

  •  1ヶ月 D(臨床経験あり 精神科)     H(臨床経験あり 精神科)
  •  3ヵ月 F(臨床経験あり 退職後1年以上) G(臨床経験あり 身体科) C(臨床経験あり 身体福祉施設)
  •  6ヵ月 E(臨床経験なし 経験1年未満)
  • 12ヵ月 A(臨床経験なし 社会人経験なし) B(臨床経験なし 社会人経験あり)
看護部プリセプターシップ新人区分け
  • 看護師養成所(2年および3年課程)、看護系大学、大学院などの新卒者で臨床経験なしの人
  • 看護師養成所(2年および3年課程)、看護系大学、大学院などの新卒者で臨床経験ありの人
  • 免許習得後、臨床未経験者および1年未満の人
  • 結婚・育児などで臨床から1年以上離れている人

(※福祉関連施設のみの勤務経験者はEに属する)

  • 他病院・医院などからの転職・転勤者
  • 他看護領域の職場からの転職・転勤者

(※訪問看護のみの勤務経験者はGに属する)

 

看護部

看護部の活動や、取り組みを詳しく紹介しています。

  • 病棟紹介
  • 看護部の活動
  • 看護部の教育
  • 訪問看護
  
患者様へ重要なお知らせ
医療人として育つ
求人情報
先輩の声
職員インタビュー
求人問い合わせ

相談する
播磨大塩病院
福祉相談室


デイケア
家族教室のご案内
自由学習グループ
お見舞いメール
ウェルネスホーム
相談支援事業所そると
クリニック心和
こどもの心の相談/心療内科の「メンタルクリニック心和」の公式ホームページです。
こどもから大人までお気軽にご相談下さい。