作業療法室

1 / 41234

今月は病棟レクリエーションとして、お花見にお出かけしました。
前日に天気予報を確認すると、くもりのち雨・・・。
しかし!日頃の行いが良いのか、晴れ女がいるのか、天気はくもりに!時々晴れ間も見えました

桜は、八分咲きといったところでしょうか。
車中から眺める人、車から降りて桜の近くまで見に行く人と各々楽しんでおり、を感じてもらえました。

そして、お花見が終わると、喫茶店へGo!
皆様、花より団子なんでしょうか?写真に出せないのが残念ですが、今までに見たことがない笑顔で、ジュースやケーキを食べられていました
いい気分転換になったようで、「楽しかった」「良かった」と多くの感想も聞かれ、来年のお花見の場所は、どこがいいかななど、早くも来年の行き場所を話し合っている方もいました。

9月14日(水)に第51回レク活動発表大会がありました。

レク発表会というのは兵精協主催の毎年9月に行われる行事で、療養生活の中、レクリエーション活動に励む患者様が日々の取り組みを発表する場となっています。

当院では、「踊り部」という患者様の部活動的なプログラムがあり、踊りの練習をしています。
今回のレク活動発表会では、踊り部のメンバーが出演しました

楽曲は演歌歌手の水前寺清子さんの「いっぽんどっこの唄(氷川きよしさんのカバーバージョン)」の曲に合わせて、お揃いの法被と扇子であでやかな踊りを披露しました。
夏から練習を重ねる中で、メンバーの欠員や踊り役の交代などハプニングもありましたが、力を合わせ、より結束して頑張ることが出来ました。
本番当日は、無事に、また練習の時よりも1番いい出来だと思えるくらい素晴らしく踊ることが出来、メンバーみんなが、満足した笑顔を輝かせていました。

この経験や達成感を通して、自信ややりがいに繋がってくれれば嬉しいです!!
踊り部の皆さんお疲れ様でした

201610_1 201610_2

連日、猛暑が続いていますが、皆さま熱中症対策は大丈夫でしょうか?

8月6日にそんな暑さも吹き飛ばす播磨大塩病院の一大イベント、夏祭りが開催されました!
模擬店では、毎年定番のかき氷ミニお好み焼き等の他に、今年は新たに綿菓子も出店しました。

また、今回の夏祭りでは、催し物は2つありました。

1つ目は、中田様と水本様の2名によります笛と太鼓の演奏です。
繊細な笛の音色と迫力ある太鼓の音で会場にいた方々を楽しませてくれました。
また、中田様は自己紹介の時に、自分自身も病気を患い、当院に入院経験があること、現在は外来通院しながらも生活や仕事を頑張り、趣味である太鼓や笛を楽しんでいるというお話をして下さいました。
最近では、病気や障害を抱えた方がよりよく生きる上で、ピアサポートの効果が注目されてもいます。今回のような当事者の方のお話は、長期の入院となっている患者様にとっては退院に対してのモチベーションを持つきっかけにも繋がるのではないかと思いました。

20160831-120160831-2

そして2つ目の催し物はフラダンスです!
昨年も大好評であった「ka pa hula kahewaimalhia(カパー フラ カヘワイマルヒア)」の方々に今年もお越し頂き、涼しげで優雅な踊りを披露して下さいました。
また、今回は見て楽しむだけでなく、観客席にいる皆さまと一緒に踊る機会も作って下さっており、より一層夏祭りを盛り上げて下さいました。

20160831-320160831-4

夏祭りに来ていた患者様からは、「楽しかった」「おいしかった」等の言葉や、良い表情も頂き、今年の夏祭りも大成功にて終えることが出来ました。

ご協力頂きました皆様本当にありがとうございました!!そしてお疲れ様でした

4新しいレクリエーションとして、6月に第一回紅白歌合戦が開催されました。
毎年1月に実施している新春カラオケ大会とは違い、今回は男性(白組)女性(紅組)のカラオケ対決です

職員も含む全病棟混合で、紅組10人白組10人カラオケ対決!
参加者は大人数の前で十八番の曲を熱唱しました!!また、今回は審査員席も設けられており、各病棟から患者様1名が出席し、参加者の方が歌った曲や歌い方に関してのコメントをして下さり、会場を盛り上げてくれました

1 2 3

そして全員が歌い終えると最終審査です!
勝敗を決めるのは審査員の方と観客として参加して下さっている患者様の投票によって決まります!
赤組が良かったと思う方は赤の紙を、白組が良かったと思う方は白の紙を投票箱に入れて頂き、
そしていざ運命の結果発表!

結果は….

赤組:65票!!  白組:46票!!

19票差で、第一回目は、紅組の勝利!!
勝った紅組の方たちにはトロフィーと賞状が贈られ、そして参加賞として両組の参加者全員に、お菓子とジュースが贈呈されました!!白熱した戦いで、会場は大いに盛り上がり、大成功で終わりました。患者様からも面白かったという意見もたくさん頂き、毎年恒例の行事になっていけばいいなと思いました

0304_02今年初めのレクリエーションとして、1月に新春カラオケ大会が開かれました。全病棟の患者さまが5Fホールに集まり、各病棟から数名の方が出場して十八番の曲を披露して下さいました

患者さまの中には曲のセリフ部分を感情込めて歌っていたり、AKB48の曲をダンスを交えながら歌ったりしている方もおられ、カラオケ大会を盛り上げてくださいました

また、職員の参加枠もあり、看護師の方は歌っている途中に舞台から降り、観客席の通路を笑顔で手を振りながら歩くという大物歌手のようなパフォーマンスをしており、会場はドッと笑いに包まれました。年始最初の行事も明るく終えることが出来ました。

0304_01

 

2月3日には、節分の行事を開催しました。

みなさんも豆まきはしましたか?当院の節分では毎年、豆まきや、豆まきをモチーフにしたレクリエーションをして楽しんで頂いています。なんと今年はの衣装を新調しました気迫がある鬼のお面でしたが、患者さまたちは動じることなく、『鬼は外~!!』と元気な掛け声とともに豆を投げ、鬼を追い払っていました。

 

笑う門には来たる
福を願い、これからもみなさんが笑顔になれるレクリエーションを提供していける様、頑張っていきます

 

大塩病院2015クリスマス会01今年も当院で『クリスマス会が開催されました。

廊下には職員と患者さまとで作成したクリスマスリースなどが飾られており、5Fホールの会場にはクリスマスツリーの他にイルミネーションもあり、会場はキラキラ輝いていました。

大塩病院2015クリスマス会02出し物では、踊り部の坂本冬美さんの「祝い酒」に合わせたこぶしを感じさせる踊りや、音楽部によりますトーンチャイムでの幻想的な演奏。

有志によるギター演奏では、患者さまが長渕剛さんの曲を力強く弾き語って下さったり、職員によるギター有志もあり、クリスマスソングを患者さまと一緒に歌ったりしました。

また今回は汐咲きコーラスの方々が来て下さり、童謡やクリスマスソングを披露して下さいました。歌声もステキであり、曲によって歌い方にも変化があったりと、参加していた職員も聴き入ってしまいました

クリスマス会終了後は、サンタに扮した職員が「メリークリスマス」と各病棟の患者さまに参加賞やクリスマスケーキなどのプレゼントを渡して回りました。プレゼントをもらった患者さまからはいい笑顔も見ることができ、今年最後の行事も無事に終わることが出来ました

12_01

2016年も患者さまに喜んでもらえるようなイベントを提供していけたらと思っています

 

1 / 41234

  • カテゴリーなし
患者様へ重要なお知らせ
医療人として育つ
求人情報
先輩の声
職員インタビュー
求人問い合わせ

相談する
播磨大塩病院
福祉相談室


デイケア
家族教室のご案内
自由学習グループ
お見舞いメール
ウェルネスホーム
相談支援事業所そると
クリニック心和
こどもの心の相談/心療内科の「メンタルクリニック心和」の公式ホームページです。
こどもから大人までお気軽にご相談下さい。