お知らせ

10 / 11« 先頭...7891011

新年度が始まって、早1ヶ月が経ちました。
今月は、「カレーうどん」、「木の芽和え」、「きんとん」です。
端午の節句に合わせ、育ち盛りの子供が好きな「カレーうどん」で~す!

5月5日は五節句の1つ、端午の節句の日です。和名では菖蒲の節句と呼ばれています。簡単に言えば「こどもの日」ですね。
端午の節句では、男の子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う風習があり、関西では『ちまき』、関東では『柏餅』を食べたりします。
他の4つの節句は、1月7日は七草の節句3月3日は桃の節句(ひな祭り)7月7日は七夕9月9日は菊の節句です。1月を除く節句は月と日が同じ数字になり、また3・5・7月の節句は同じ曜日になるようです。

子供だけでなく大人も大好きなカレーうどん!
今年1月に当院自慢のカレーライスをご紹介しましたが、「カレーうどんも美味しい!」 カレーを自慢するだけのことはあると思いました。

木の芽和えは、新緑の山椒の若葉と育ち盛りの竹の子を味噌で味付けしています。実は山椒はミカンの仲間だそうですよ。「へえ-」って感じでした。
デザートのきんとんは、うらごししたさつまいもに軽い味付けがしてあり、甘さ控えめのデザートでした。

ごちそうさま

Boys be ambitious!  今月のごちそうさまでした。

季節は春です。
巷では、桜の開花がニュースです。
今年こそは、昨年行けなかった日傘山のお花見に行きたいです。
病院から歩いて行ける所に、花見の秘所があるのです。
花見の感動は、行ってからこのホームページに書き込みしますね!

さて、今月のごちそうさまは、豆ご飯とだし巻き玉子とほうれん草のゴマ和えと焼きナスです。
デザートは初物のイチゴです。
桜の花を添えて、やわらかくセッティング。
豆ご飯はちょうど良い塩加減です。「う~ん、おいしい~!」
気になる塩分量ですが栄養士に聞くと、メニュー全体では2.9gですが、豆ご飯に含まれている塩分量は1gです。 塩を少なくしてダシで旨みを引き出しているそうです。
この塩分量なら、きがねなく食べることができますね。また、患者様が安心して食べられるよう、食材の94%は国産品を使用しています。
副菜の焼きナスはおろし生姜が効いていてピリッとしていました。
春のフルーツといえばイチゴ!
初物なので少し酸味はありますが、春を感じさせてくれました。

塩分を気にしている人でもペロッと食べられる、今月のごちそうさまでした。

今月のごちそうさま

3月3日は桃の節句(ひな祭り)ということで、今月のごちそうさまはちらし寿司です。
ちらし寿司そのものに、桃の節句と関係があるわけではないのですが、今やひな祭りの定番のメニューとなっています。
使われている具材には様々な意味が込められており、エビは長生きレンコンは見通しがきくなど縁起の良い具材が使われています
また、錦糸卵やニンジンで華やかに彩ることで春を連想させてくれます

副菜には、今が旬の新子(いかなご)のおろし和えです。
新子を大根と醤油で和えたものですが、大根の酸味が少し利いていて口の中をサッパリとさせてくれます。

余談ですが、ひな祭りの代表的な料理といえば、ひなあられ菱餅があります。
ひなあられの4色(ピンク、白)は四季を表し、菱餅の3色(、白、ピンク)は、は「健康と長寿」と「大地」、白は「清浄」と「」、ピンクは「魔よけ」と「」を表します。色だけでも様々な意味が込められていますね。

春の音連れを感じさせてくれる、今月のごちそうさまでした。

ひな祭り

2月3日といえば節分です!

2月のごちそうさまメニューは、節分に因み『鰯(いわし)の塩焼き』です。
なぜ節分に鰯?なのでしょう?
実は、節分と鰯には意外な関係があります。
節分には、鰯の頭と柊(ひいらぎ)の葉で作った「焼嗅がし(やいかがし)」を玄関に飾り、魔除けとして使う風習があるようです。
鰯を焼く際の煙と臭気(特に頭の臭気)で鬼が逃げて行く。
また 柊 の葉で鬼の目を追い払うようですよ!!
メインの 鰯 は『海のにんじん』とも呼ばれている、たいへん栄養価の高い魚です。
DHA(ドコサヘキサエン酸)は善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす役割のほか、脳の働きを高める役割をします。
カルシウムも多く、骨や歯を強化し、骨粗しょう症を予防するのにも効果的です。
その他にも、たくさんの栄養成分を持っています。
そして寒い日には、やっぱり豚汁が合いますね!

患者様にも大人気の一品である豚汁は、
これだけでもお腹いっぱいになるくらいの量の具が入っているため、いい出汁が出ています。
人気が出るのも頷ける一品です。
豚汁、含め煮とたくさんの野菜を使っているので、メインの鰯だけでなく副食からもたくさんの栄養が取ることができます。
栄養だけでなく月毎の行事にあわせた献立で、患者様に季節を感じてもらうことまで考えているところがさすがですね!

栄養たっぷりで、邪気払い!今月のごちそうさまでした。

今月のごちそうさま 今月のごちそうさま

新年おめでとうございます。
皆様にとって、意義ある年でありますよう心からお祈り申し上げます。

さて皆さん、そろそろおせち料理にも飽きてきた頃ではないでしょうか?
そんなときカレーライスって!昔々TV の CM であったような・・・
新年はおせちでなく、当院ホームページリニューアル委員会の副委員長が絶賛していた当院自慢のカレーライスをご紹介いたします。
当院のカレーのこだわりは、2種類のルーをブレンドしていることだと管理栄養士談。
辛さは控えめですが、味に深みを出すことができるそうですよ。
どのカレーのルーを2種類使用しているのかは“企業機密”(笑)だそうです。
カレーの具は、一口サイズより少し小さめのサイズで切ってあり、誤嚥防止かなとも感じました。

ともかく“当院自慢”だけあって、『美味しい!』と思いました。
サラダは、・白とカラフルでシャキシャキ!歯ごたえが心地よく、噛む回数を増やすことで、満腹感を得やすくするといった工夫等やはり食事作りのプロですよね!
個人的には、スープも欲しい(汗)と思った、今月のごちそうさまでした。

カレーライス

今月のごちそうさまのメニューは、鱈のムニエルとカボチャの含め煮です。
ムニエルはとても色鮮やかに盛り付けられていて、見るからに美味しそう!

メインは今が旬の鱈のムニエル。鱈が隠れるぐらい野菜たっぷりで少し酸味のあるさっぱりとした味です。
骨がきちんと取られているので、患者様にもとても食べやすい料理となっています。

カボチャの含め煮はじっくり煮込んで柔らかくトロトロで、インゲンと一緒に甘~く仕上がっています。
あっさりした鱈のムニエルが白身魚なので、濃い色の野菜がたっぷり!さすが栄養の専門家ですね。

これだけでは少ないのでは?と思うかもしれませんが、味噌汁も大根など具沢山で満足なメニューでした。

栄養バランスだけでなく、見ためでも満足させてくれる当院のごちそうさまでした。


kyu_01

10 / 11« 先頭...7891011

  • カテゴリーなし
患者様へ重要なお知らせ
医療人として育つ
求人情報
先輩の声
職員インタビュー
求人問い合わせ

相談する
播磨大塩病院
福祉相談室


デイケア
家族教室のご案内
自由学習グループ
お見舞いメール
ウェルネスホーム
相談支援事業所そると
クリニック心和
こどもの心の相談/心療内科の「メンタルクリニック心和」の公式ホームページです。
こどもから大人までお気軽にご相談下さい。